RSSとは

RSSとは、ウェブサイトの記事の見出しや概要を配信するための技術です。「Really Simple Syndication」「Rich Site Summary」などの言葉を省略して、「RSS」と呼ばれています。
従来、ウェブサイトに掲載している記事の分類や内容の抜粋は、人が手を加えないと難しいものでした。
XMLをベースとして生まれたRSSは、情報にタグをつけることで、その情報が何を表しているかを示すことが可能です。コンピュータはこのタグを読むことで、情報Aは日時を、情報Bはタイトルを表していると、自動的に判断します。その結果、配信元が違うさまざまな情報を、同種のデータとして処理し、表示することが可能になりました。
RSSは、更新を頻繁に行うニュースサイトやブログ(ウェブログ)などで、更新した記事を広く知らせる目的で利用されています。
米国では「NewYork Times」や「Wall Street Journal」など、大手の新聞社サイトで利用されているほか、個人のブログサイトでも、RSSファイルを提供(配信)しているところが増えています。日本でも、「Asahi.com」をはじめとするニュースサイトやブログサービスなどで、RSSファイルの提供を行っています。

RSS の背景

インターネットには、多数のサイト、ページがあります。
色々な人が、サイトを作り、ページを作り、様々な情報を発信しています。
こうして、インターネット上には、膨大な情報が存在するようになりました。
しかし、これらの情報は効率よく利用できているでしょうか。「どんどん多くなるインターネット上の情報に対して、その情報を使いきれていないのでは?」
この問いに対して、インターネット上にある情報をもっと整理できるようにして、もっと効率よく情報が得られるようにしようという対応策がでてきました。
このために考え出されたのがRSSという書式による Webサイト情報ファイルを用意することでした。
つまり、RSSとは、「インターネット上の情報を取得しやすくするように、サイト情報のまとめを行うための書式」ということになります。

スポンサードリンク